レキオいくぼー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 元祖・龍潭ボーイズ(がんそ・りゅうたんボーイズ)

<<   作成日時 : 2012/05/20 09:34   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「元祖龍潭ボーイズ」
もとい
漢字ぐゎ〜がつまってて読みにくいから
「元祖りゅうたんボーイズ」でいく。

「元祖りゅうたんボーイズ」って何?

という疑問がわくと思うけど
アルテミュージックファクトリーに毎回出ている
「ニューりゅうたんボーイズ」(NRB)の大元、
その発祥のグループのことである。

ギター・越智さん、上間さん、ベース・金城さんで構成。

彼らはファクトリーにも出てないし
その実態を見たことがなかったんだけど
以前
たまたま赤田カフェに夜行ったら彼らがなにやら練習してて
そのクオリティーの高さに驚愕!

越智さんに
「なんで練習してるんですか?何かライブでもやるんですか?」
と尋ねたら
「5月18日のわれわれ沖縄建築士会首里支部総会の懇親会の余興で披露するんです」
とのこと。

「それって、それって
会員じゃないと出られないんですか?見られないんですか?」
となおも尋ねたら
「そうですね〜。一芸披露すれば飲食代無料でおいでになってもかまいませんよ」
と快諾してくれた。

「元祖りゅうたんボーイズ」の演奏が聴きたい!
と激しく願った私とお加代さんは
「なら、このあいだファクトリーでやった『一人の手』を歌いますからそれでいいですか?」
と越智さんに詰め寄り
「ああ、いいじゃないですか?」
「リコーダーの奥田さんも来られれば、『灰色の瞳』もいいですねえ」
・・・と話がまとまった次第。

奥田さんいわく
「首里支部の懇親会ってすごいごちそうなんよ!」。

なになに?
演奏だけじゃなくて
ごちそうにもありつけるわけ?

ということで
私は建築士でも設計士でも不動産屋でも地上げ屋でもなんでもないが
お加代さんと奥田さんと、なんとなく無謀な感じはしたけど
その懇親会にでちゃったわけ。

行ったらもう料理が並べられ
早い人はビールなんかを手にしてて
まだ乾杯の音頭もないのに
「早く飲もう、食べよう」状態だった。

その噂のごちそうが
これ!てぃーち、たーち、みーち!
画像


画像


画像


建築士会は任意の団体なので
首里だけでも数百人は1級建築士の資格を持った人がいて
会員は100人ぐらいはいるそうだ。
この日は懇親会に50人ぐらい来てた。
画像


画像


新年度が始まって新たな理事が紹介された。
ぬわんと
出席者の半分が新理事だった。
「元祖りゅうたんボーイズ」のベースの金城さんは、会長さんです。
画像


乾杯してから
ひととおり食べてたら
「では私が草笛で一曲」
とおじさまが舞台に登場。
根路銘安弘さん。
石嶺在住、設計事務所は松山にある。
「全国草笛ネットワーク」の沖縄支部の指導員さんであった。
なにを吹いてくれたか忘れたけど
「パソコンで私の名前を検索すると草笛で『サンタルチア』吹いてる動画がでますから」
大宜味出身、幼いころは子どもたちみんな草笛吹いて遊んでいたけど
今の子どもたちはまったく草笛なんて見向きもしない、
教えてもなかなか吹けない
と嘆いておられた。
翌日ユーチューブ見たら
見事に「サンタルチア」を葉っぱで吹いていた。
画像


「え〜、そろそろ余興にいきたいと思います」
おっ!
いよいよ「元祖りゅうたんボーイズ」の出番!
毎年1回総会後の懇親会で披露してるので
今回は
「りゅうたんボーイズ2012」とされ
紅一点・若い26歳の米盛琴絵さんが加わっての構成。
そこに
リコーダーの奥田さんもリードリコーダーとして加わる。
なんか
このメンバーで十分じゃないの?
私とお加代さんが
あまりうまくない歌で
せっかくの演奏に水差さないか?
など
とやや不安がよぎる。
画像


曲は
「エーデルワイス」
「ベサメムーチョ」
「夜霧のしのび逢い」
「卒業写真」
「いい日旅立ち」
。。。
「卒業写真」「いい日旅立ち」は私たち歌いました!
画像


メンバー紹介!
ギター・上間さん。アルテのすぐそばに住んでるから
赤田カフェを居酒屋変わりに使ってる。
ビール飲むの、早し!1缶5分ぐらいで次おかわりする。
三線も得意ですね!
「首里の『スコップ』の『キムタク』です」
って何度も言うんだけど
シーサージラーがまるきりキムタクじゃないですね〜。
それから
なんと!正月の首里城正殿でおこなわれる儀式で
三司官役をやってるんだって!
なら、私、見てるかもしれないですね〜。
画像


ギター・越智さん。昼間は1級建築士のコワイジラーしてから、仕事してて
夜になると赤田カフェに携帯で電話しながら入ってきて
すぐシマかワイン注文して
何も食べないでグイグイ飲んで
いい気分になると
ギター弾きだしますね。
「越智さんの奥さんは与那国チョーチョーなんだよ」(上間さん)
「え!町長さんなんですか?!」(お加代さん)
「確か与那国の町長は女性じゃないですよね?」(私)
このナゾはあとであかされる〜!
画像


ベース・金城さん。「元祖りゅうたんボーイズ」のときだけ
そのベースの才能を披露する。
ベースやってるカッキーの憧れの存在。
なんと!(「りゅうたんボーイズ」は驚かされることが多いなあ)
あのシンガーソングライターの「しおりさん」は金城さんの娘さんなのだ!
親子して音楽家だね〜。
画像


「りゅうたんボーイズ」の「2012版」には
この日限りの参加で
米盛琴絵さんが加わりやした!
1級建築士をめざして、勉強中!
1級建築士って、試験受けるために資格が必要なんだって。
学校で専門の授業受けて卒業しただけじゃ受けられなくて
2年間、図面引く仕事して「実績」を積むのが必要で「今まで私、事務仕事しかしてこなかったから
だめなんですよ〜。いま図面描いてます〜」
と聞いたから、「どっか設計事務所で働いてるのかな」
って思った。
そしたらなんと!(また驚く)
彼女は県の職員だった。
「住宅環境課」とかいう部署にいるんだって。
画像


そして・・・
一連のギター演奏の最後に
琴絵さんが
「さよならはダンスのあとに」
を歌いやした。
え〜!若いのに〜!そんな歌よく知ってるね〜!
「お母さんがよく歌ってたから」
お母さん、ちょっとお歳?
あの歌流行った世代って、彼女のおばあちゃんの世代じゃないのかね?
画像


「以上、りゅうたんボーイズ2012でした!」
と琴絵さんがあいさつしたら
「アンコール!」「アンコール!」の声。

越智さんが
「では、北川さんと沢村さん、歌、いっちゃいましょう」
というので
リハもなく
いきなり「コンドルは飛んで行く」を歌う。
イントロは奥田さんのリコーダー。
ところが
越智さんが
「それ、調が違います。譜面のヘ長調でやってください。ギターが合わせられませんよ〜」
と注文。
「あ、ごめんねえ」
と再度奥田さんリコーダーを吹く。
私たち歌い出したが、ギター伴奏がない!
「おかしいな〜?」
と思いつつ
リコーダーと歌だけで終わる。

結局奥田さんはやり直しても
譜面のヘ長調で吹いていなかったので
ギターが伴奏できなかったのね。
なぜ
そうなったのか
3次会まで越智さんはこだわっていたが
原因は不明だった。
「じゃあ、あれは何調で吹いたんですかね?」
と聞いたら
「奥田さんの調です」と越智さん。

まあ、すったもんだ
ありやしたが
「元祖りゅうたんボーイズ」
の演奏も聞けて
私もそれなりに楽しかったので
よしとしましょう。


越智さんの奥さんが
「与那国チョーチョー」という話はどういうことか
っつうと
「与那国蝶々」という有名な蛾を研究している方
だということ。
「チョーチョー」違いなんである。
与那国蝶々を研究してる女性は少ないのだそうだ。

以上
「なぜか、沖縄建築士会首里支部総会懇親会に出席する」
の巻でした!
バイナラ〜




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
建築士さんて、なんで音楽好きが多いのかな?上手い人揃ってますね。一度聴いてみたい。
それに料理も盛りだくさん。私もそのおこぼれをいただきやした。一芸披露でお招きされよかったけれど、演奏はギターなしでは寂しかったですね。
アキ
2012/05/20 09:44
はいたいアキさん。音楽だけじゃなくて、プロ顔負けの写真家さんなんかもいましたよ。それから、ファクトリーの時のミキサーやってくれてる前田さんていう方、この会にいらしたんですよ。音響をやってました。彼も建築家なんでしょうかね?と思いました。
ごちそう、近年まれにみる豪勢なラインナップでした〜!でもなんか、建築士会の方々全員に受け入れられてるという感じより「浮いている」という感じでしたね〜。
さわむら
2012/05/20 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
元祖・龍潭ボーイズ(がんそ・りゅうたんボーイズ) レキオいくぼー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる