レキオいくぼー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アルテミュージックファクトリー「季」

<<   作成日時 : 2012/06/11 09:52   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今月も
首里赤田のアルテで開かれる
ミュージックファクトリーがやってきた。
今回のテーマは「季節」の「季」!
画像


私は去年10月から参加してて
早9回目となったが
だんだん
発表者が「テーマはわかってるけど、無関係だけど、演奏したいから
これやっちゃう」
という強引な人、多し!
ということがわかってきて
今回私も「そんなら私もいいや〜!」
とテーマをわりと無視。
ぬわんと!
ピアノ独奏に挑戦することに〜!無謀〜!

で、実際本番はどうだったか
はあとで書こうねえ。

でも
プログラム最初は
「四季の歌」でした。
越智さんギター伴奏で
芸大現役生永井友恵さん歌。
永井さんは声楽をやっている。
以前、「私のおとうさま」を披露したことがありやす。
ソプラノです。
オペラやる方の歌って歌詞がすごく丁寧に聞こえますね。
画像


芸名を新しくしてから
久々に登場の香おるさん(旧薫)
ピアノ弾き語り。
「太陽の子どもたち」。NHK「みんなのうた」で流れてた、小野リサの曲でやす。
「♪昔も今も世界中に輝く陽の光
みんな光の中で生きる 太陽の子どもたち」
小野リサってボサノバさね。
でもこの曲、あんまりボサノバふ〜じ〜じゃなかったけどな〜。
画像


火いろさんも久々の登場。
2か月前からギター弾き語り始めたんだって。
「いや〜!ギターはピアノとバイオリンと全然違う!」
陽水の「リバーサイドホテル」。
このあたりからテーマの「季」と関係なくなってくる。
火いろさんの声は
すごく通るので、「リバーサイドホテル」と合ってたと思いますね。
画像


前回も出た、唄三線の玉那覇宗造さん。
「浦波節」、またの名を「物知り節」。
教訓歌ですね。
これも「季」とまったく関係ない。
マイク使わず。
「間違えてもいいように〜」
唄う前に、なぜ「浦波節」にしたか、を前説しましたがですね
結局、「季」との関係はないようですねえ。
玉那覇さんの三線の音は、しっかりしていて、音程も音もよく響きますね!
声もなかなかいいですう。
画像


久しぶりのカッキー、ベース。
カッキーは音響やマイク設定などで走り回る、縁の下の力持ち!
就職が決まってよかったねえ。
これで
家族に文句いわれずアルテに入り浸れるねえ。
一時、あまりにも仕事せんで
アルテばっかにいるんで
親に家に幽閉されていた時期がある。
この日は新田高志君の歌の伴奏を。
画像


ツレ。
今月6月23日は沖縄戦の慰霊祈念式典がありますね。
67年前、国内で民間人を巻き込んだ唯一の地上戦がおこなわれ
23万人の命が亡くなり
県民の4人に一人が犠牲となった
悲惨な沖縄戦。
23日は事実上の終結の日。
私たちは毎年、慰霊の日か、その近くには、糸満の「魂魄の塔」へ
慰霊と献花しに行っている。

ツレはそういう月なので
サザンの桑田圭祐が作詞作曲した「平和の琉歌」を三線で歌う。
「♪この邦が平和だと 誰が決めたの 人の(ウチナーンチュの)涙も乾かぬうちに」
本人いわく
「三線の指が動かない!歌詞、忘れた!なんで練習通りいかないんだ!」
画像


みっちゃん。
由紀さおりの「季節の足音」。
これはテーマにばっちりでしたね!
伴奏がアコースティックで、静かで、いい雰囲気の曲!
「伴奏がないから今回はファクトリーパス!」
って言ってたのを
私が「出ろ〜出ろ〜!ネットで探したら伴奏あったぞ〜!」と焚きつけた。
粟国さんから
「とってもよかったわよ〜」
と言われていたみっちゃん。
伴奏はピアノじゃなくて、このアコースティックな感じがよかったですな!
画像


カーペンターズの川上明さん&田仲康男さん。
になぜかツレが加わる。
川上さんはマンドリンで島唄を弾いて歌う方で
毎月第4土曜日の「三線を楽しむ会」にも来ていて
マンドリン演奏してるそうな。
今回は「安里屋ユンタ」「繁昌節」「唐船ドーイ」。
やっぱりテーマと無関係。
本番前、練習してて
ツレと私に「三線と囃子で、加わって下さい」と言ってきた。
私はご遠慮しやした。
座って「サ〜ユイユイ」「マタハーリヌチンダラカヌシャマヨ」
と「スイ!スイ!サーサ!」
なんかとか
指笛笛を鳴らしてあげやした!
でもマンドリンと田仲さんのベースで民謡って
なんだかものすごくうるさい。
テンポのいい曲はいいけどさ〜。
画像


ピカリンさん!
「ファクトリーはギター演奏会か?」
と思うほど、ギター弾き語りとギター演奏が多い。
ギター弾く人いっぱいいすぎて今回のブログにはアップしてない。
でもピカリンさんは別格!
クラシックの難曲を、実に丁寧に弾いて聴かせる。
今回は
「雨だれ」。
最近、あまり弾かなくて楽譜が埋もれていたのをひっぱりだしてきて
弾くことにしたのだそう。
ピカリンさんはギターだけじゃなく
週3回、卓球にも通ってて第2の青春を謳歌してますね!
糸満出身の本名玉城さん。
「私はですね、18のとき、糸満の家から家出したんですよ」
東京か大阪とかにいったのかと思って
「どこへ家出したんですか?」って聞いたら
「首里にです。首里に大学があったんで」
アチャ!
「首里って琉大があったからですか」
「そうです。大学生になったからね、家出して、それから一度も糸満に帰ってませんよ」
首里と糸満、超近いと思うんですけど〜!
画像


私。
遂に!
遂に!グランドピアノ弾きます!
毎週のレッスンもグランドピアノだけど
アルテのは弾いたことない。
練習で弾いてみたら
不思議。
弾いている本人にはあまり音がよく聴こえないというか
音が小さい。
これが客席にはきちんと届いているのが不思議さ〜。
曲は
「LOVE」。アメリカのジャズ歌手ナット・キング・コールの大ヒット曲。
ジャズのスタンダードで名曲だが
私の先生はクラシックの先生なので
クラシックで弾く。
この曲は「バイエル90番程度」の難度でやす。
覚えてしまえば簡単なのだ。
しかし!
間違えずに弾くっつうのが難しい!
なぜこの曲、披露しようと思ったか。
お加代さんの初孫が4日に産まれたのね。
命の誕生は「LOVE」の結晶だから。
それと
彼女いま27日のヨガのインストラクターの試験と卒論提出に向けて
全力だから
少しでも力になればと
思ったのです〜、はい。

弾いてみたら
指は震えるし、ミスタッチはあるし、まるきり練習どおりできない!
先生が
「ピアノの発表でやってはいけないのは、弾き直しと止まることです」
と言っていたのに
両方やってしまった〜!
まあ、いいさ。
こころをこめて弾いたし、練習は毎日2〜3時間おこたらずやってきたし
悔いはない。
お加代さんは「誕生日祝いより嬉しかった!」と喜んでくれた。
画像


画像


中村清美さん。
ピアノ弾き語りでシャンソンを。
シャルル・アズナブールの名曲「人々が言うように」。
1番をフランス語で2,3番を日本語で。
パリの古びたアパートに暮らすストリッパーの日常と心情を赤裸々に表現してます。
「♪着ている服を1枚1枚脱ぎ捨て、『最後の1枚』を脱ぎ捨てるとき、観客はどよめく
なぜなら・・・私はオカマだから」
清美さんはしきりに
「シャンソンって美川憲一とか三輪明宏とかオカマが歌うでしょ。
抵抗あったんですよ。
でも男らしく歌うシャンソンがあってもいいかなと
男で誰もシャンソン歌わないでしょ
だからぼくが開拓してもいいかなと思ったんですけどね
勇気いりますね」
と。
でも声量がある清美さんの歌とポロンポロン弾かれるピアノは
もうそれだけで
ひとつの宇宙っつうか世界が
あるっ!
素晴らしい歌でした(拍手)
画像


いつもよりアップが少ないですが
今月も
多種多彩なメンバーがさまざまな楽曲で
楽しませてくれましたね!
来月のテーマは「流」。
さて、
私はなにやるか、なに歌うか・・・。
練習は1カ月しかない!
ファクトリー出てると
1か月が短いなあ。
でも音楽は楽しい!

疼痛性障害で
全身痛みでものすごいけど
楽しいから
いいのだ〜。
バイバイピ−。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてのピアノ挑戦。ジョートーですよ。拍手喝さいでした。お加代さんもとっても喜んでくれたようで、よかったですね。練習通りになかなか弾けないのはフツーのこと。毎日、懸命に練習したからここまで弾けたでしょう。自分をほめてやってください。
アキ
2012/06/11 10:06
はいたいアキさん。どうも私の「完璧主義」は残っているようで、「自分をほめる」なんてとてもできないですねえ。ピアノも清美さんみたいに上手い人いるから、習いたてのを披露するのはなんか気がひけるっす。
さわむら
2012/06/11 10:48
伴奏探し出してくれてありがとう!
お陰で、歌いたかった歌が歌えました。
ピアノ演奏とても良かったですよ!
凄い努力にみっちゃん脱帽です。
みっちゃん
2012/06/11 11:28
はいたいみっちゃん。コメントありがとうございますm(__)m。せっかくのファクトリー、出ないで後悔してほしくなかったのよ〜。みっちゃんの歌は声がきれいなので、みんな好きですよ〜。来月はどうするんですか〜?
さわむら
2012/06/11 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルテミュージックファクトリー「季」 レキオいくぼー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる