レキオいくぼー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS チャペルコンサート

<<   作成日時 : 2012/07/08 15:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

いままでで
初めてのチャペルコンサートに行った。
そう、あの教会のことですね!
お友だちのテナー歌手、糸数剛さんと
奥さまでソプラノを歌う秀子さんのコンサート。
都ホテルに併設された
ホテルの結婚式で使う教会です。
平日の熱い熱い真昼間だから
こういう企画、使えるわけなんでしょうか。
入場無料!
画像


画像


題して
「ギター演奏によるテナーの調べ」!
画像


そうです!
コンサートなんだから、楽器が必要。
しかもテノールとソプラノの歌なんだから
普通、最低でもピアノが必要
と思うでしょう?
ところが!
伴奏はなんと!
糸数剛さんご本人による
ギターなのだ!
糸数さんは毎週水曜日、アルテのギターサークルの日に
誰よりも早くやってきて
譜面みながら
実に上手なギターを奏でている。
いつも歌謡曲や演歌を弾いている。
聞いていると
カラオケの「名演版・ギター斎藤功」ふ〜じ〜なんである。
いつもミュージックファクトリーでカンツォーネ歌う時は
粟国さんのグランドピアノで歌ってるから
ギター伴奏で
しかも自分で弾きながら歌うって
どんなね?
と興味深々。

10時半受付だが
教会内には彼らの友だちが続々と席を埋める。
画像


画像


普段は牧師さんがなにやらのたまう祭壇に
イスと譜面台が・・・。
なんかおごそかだな〜。
画像


コンサートで披露される歌は
カンツォーネの「私の愛しい人」、「木陰よ」、「私の愛する人」、イタリア歌謡の「マンマ」、日本歌曲「平城山」(ソプラノの秀子さん)、
「初恋」、「宵待ち草」(秀子さん)、「落葉松」、「城が島の雨」、「私のお父様」(秀子さん)、「菩提樹」
です。
糸数ご夫妻が入場してきましたよ!
バージンロードを歩くのは
二回目ですか?
画像


いままで
ギターといえばさんざんF&Yやふ〜みさんのフォークを聞いてきた。
カンツォーネや日本歌曲をギターで聞く、と言うこと自体、初めてなのだ!
白いスーツに蝶ネクタイで
ギターを持つ、というのは、なんだか不思議やっさ〜。
画像


ところがよ!
歌い出したら
すごい声量!マイクなしなのに、よく通る声ですね〜!
教会は音響がいいのか?
カンツォーネは毎回アルテミュージックファクトリーで聴いてるけど
ギターの伴奏でのカンツォーネもなかなかオツなものですな!
でもって
「もしかしてギター弾きながらカンツォーネ歌うテナー歌手」って日本広しといえど
糸数剛さんぐらいではないか!
と激しくうなづくのであった。
いつぞや梅雨で大雨の
「てっぱん」の日、やっぱり糸数さんはギターを持参して
いろいろ弾き語りしてくれた。
私が「城が島の雨」をリクエストして
歌ってくれたなあ。
あのときは
人知れずその情感あふれる抒情的な世界に
不覚にも涙したのだった。
画像


秀子さんのソプラノは、いいと思うんだけど
欲をいえば、もうちょっと声の伸びが足りないっつうか・・・。
「宵待ち草」なんかでは
「♪ま〜て〜ど暮らせど 来ぬ人を〜」っていうところが
伸びないのね。
ま、お二人とも趣味でやっておられるのだから
それにしては十分聴かせる、魅力ある唄声じゃないでしょうか!
画像


「平城山」は歌詞の内容が男女の深く切ない愛と絆を描いたものだそうだ。
作詞作曲した方が高知の方で
糸数さんの息子のお嫁さんが高知の方なので
選曲したのだろうか。

1部の終わりには「ふるさと」を
2部の終わりには「オーソレミオ」を
糸数さんのギターとご夫妻の歌声に合わせて
参加者全員、大合唱。
「オーソレミオ」は歌詞カードが配布されて
なんとイタリア語でみんなで歌った。
糸数さんお得意の一曲。
「♪オ〜ソ〜レミオ〜」のサビはものすごく長く伸ばす。

真夏の暑い中、心が満たされ、至福の時間だった。
画像


糸数さん、秀子さん
ありがとうございました。m(__)m






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
糸数さんのテナーはアルテで聴いてきたけれど、今回はすべて自分でギター奏でながらのテナー。伴奏しながらというのは、歌に集中できないだろうけれど、見事な歌でした。夫婦でテナー、ソプラノ、それにギターで伴奏というコンサートは稀有のものでしょう。日本歌曲もたくさん聴けてよかった。平城山は曲がよいから選曲したハズ。それがたまたま作詞作曲者が高知出身ということだと思いますよ。
アキ
2012/07/08 15:22
はいたいアキさん。いや〜、自分でギター弾きながらテノール歌うって、すごいですね〜。夫婦でテノールとソプラノだと、日常生活の会話がどうゆうものか、知りたいです。「♪あなた〜、ご飯できたわよ〜」「♪おお、今行くよ〜」っていう感じ?日本歌曲って時代が過ぎても、いいものですね!それをわからせる実力がお二人にはあるんですね!
さわむら
2012/07/08 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャペルコンサート レキオいくぼー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる